糖尿病予備軍のアナタに教える! ~今からでもできる予防法とは?~

1982年の発売以降、「薬用不老林」は資生堂ブランドの信頼性も手伝って、育毛剤の草分け的存在として知られています。

その利用によってどのような効果が得られるのでしょうか。
ユーザーの感想を中心に検証してみました。

身近にいません?こんな人


スポンサーリンク


「髪がじわじわと濃くなっていく」
「一本一本の毛髪が頑丈になってきたように感じる」
「髪にコシがでて、太くなってきた」

このように不老林の使用を続けることによって毛髪が硬く、太く、丈夫になった、という感想が多く見られます。

不老林の最大の特徴は、毛髪の「太毛化」を目指すことにあります。多くの育毛剤が頭皮の改善による正常な育毛を目指しているのに対し、不老林は毛髪自体に着目し、毛髪を硬く、太く、丈夫にすることで、薄毛を解消することを目的としています。

 

「他の育毛剤にはない効果が感じられるので使用を続けている」
「10年以上使い続けている」

といったリピーターの存在がある一方で、

「効果がまったく見られない」
「半年使用したがほとんど変化が見られなかった」

などという感想も見られます。毛髪自体に作用する特性から、現存する毛髪の改善が実感できたという声は見られましたが、脱毛した部分に対する「毛生え薬」のような効果が実感できたという感想は見当たりませんでした。ユーザーの声を見る限り、不老林の使用によって今ある毛髪を活性化することは可能かもしれませんが、新たな発毛を期待することは難しそうです。

やはりどんな育毛剤にもいえることですが、頭髪、頭皮の状態をよく見極めることが大前提であるといえるでしょう。

毛髪を本来の状態に戻す効果

毛髪の本数は十分な場合でも、毛髪自体が細いとボリューム感が出ず、薄毛の悩みにつながってしまいます。
毛髪一本一本を再生させ、丈夫にすることによって、以下のような効果が実感できたという声が見られました。

「抜け毛が減った」
「ボリュームが増してきた」
「髪の感触が変わり、ブラッシングしやすくなった」
「白髪が目立たなくなってきた」
「髪の根元が黒々としっかりし、地肌が目立たなくなってきた」

このように不老林は、髪の量はあるのに薄毛に見えてしまうタイプの方に対し、より高い効果を発揮すると思われます。

 

「生まれつき本来の髪の太さにはなるものの、それ以上太く、剛毛になることはないと実感した」

という感想からわかるように、あくまでも生まれ持った髪質を正常に戻すことを目標としています。たとえば極度な猫毛やクセ毛など、もともと細く弱いタイプがその性質を変え、硬く強い髪質になるようなことはないといえるでしょう。


スポンサーリンク

コンテンツ一覧

サイト情報

QLOOKアクセス解析